4月の転入・転居などによる新型コロナウイルス感染防止対策について

更新日時:

 秋田県新型コロナウイルス感染症対策本部より、次のとおり感染予防の注意喚起がありました。

 毎年4月は、就職や入進学などで県外との往来が多くなる時期であり、新型コロナウイルスへの感染リスクが高まる可能性があります。
 ついては、県内での感染防止を図るため、次の事項について、住民や学校、企業等においても御周知くださるようお願いします。


1 県外からの転入者等について

(1)東京など感染者が多く発生している地域から転入又は帰省等された方は、御自身で2週間程度健康観察していただき、その間、不要不急の外出を避けていただきたいこと。

(2)発熱等の体調変化があった場合には、学校や会社を休み、人との接触を避け、「帰国者・接触者相談センター」(☎︎ 018-866-7050)に連絡いただきたいこと。

2 大都市との往来について

当面の間、首都圏をはじめとした大都市圏との、不要不急の往来を避けていただきたいこと。

3 「密閉」「密集」「密接」の条件について

集団感染の原因となり得る「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集する」「近距離で会話を行う」の3条件の重なる場を避けていただきたいこと。

このページを印刷する