住所地以外での接種を検討されている方へ

更新日時:

 新型コロナワクチンは原則、住民票のある市町村で接種を受けることとなっています。しかし、下宿中の人や単身赴任中の人など、やむを得ない事情がある場合には、住民票のある市町村以外でワクチン接種を受けることができます。
 下記の対象に当てはまる方は、接種を行う市町村に届出を行うことで、住民票のある市町村以外でワクチンの接種を受けられます。
※場合によっては、医師に申告を行う事等により、申請を省略して接種を受けることができます

◎にかほ市に住民票がある方で他市町村での接種を希望する場合
接種を希望する市町村へ届出を行う(※届出手続きは各市町村で異なります)
◎にかほ市以外に住民票のある方でにかほ市での接種を希望する場合
仁賀保保健センター窓口にて届出手続きを行う
 必要書類 : 本人確認書類
 受付時間 : 8:30 ~ 17:15(平日のみ)
※にかほ市総合福祉交流センター(スマイル)は、新型コロナウイルスワクチン接種会場となっており、12時~16時までの間は混雑することが想定されます。可能な範囲内で申請時間をずらして来場いただきますようお願い申し上げます。

【対象(住民票のある市町村以外でワクチン接種ができる方)】

1.出産のため里帰りしている妊産婦
2.単身赴任者
3.遠隔地へ下宿している学生
4.DV、ストーカー行為等児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
5.入院・入所者(※申請を省略できる)
6.基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種を受ける場合(※申請を省略できる)
7.災害による被害にあった方(※申請を省略できる)
8.拘留又は留置されている者、受刑者(※申請を省略できる)
9.その他市町村長がやむを得ない事情があると認める方(※申請を省略できる)

このページを印刷する